専門業者に廃棄物処理を依頼しよう|正しく処理して環境にもやさしく

  1. ホーム
  2. 新しい考え方

新しい考え方

廃品

廃棄物に対する新しい考え方について説明したいと思います。それは3R(スリーアール)と呼ばれるものです。これは、3つの単語の頭文字である「R」からきているネーミングです。その3つの単語とは、「リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)」です。リデュースとは、ものを大切に使用して、長くつかって廃棄物を抑制する概念です。リユースは、馴染み深いかもしれませんが、再利用のことです。リサイクルは、これもお馴染みですね、廃棄物を資源として再利用することを指します。この3Rとは、廃棄物の循環を意味します。リサイクルして資源にし、リデュース、リユースでそれを長く利用します。このような循環がきちんとされれば、より日本の生産性向上にも役立ちます。つまり、少ないエネルギーで、多くのものを生み出すことができるのです。今後の日本では、この3Rが重要になってくると思います。資源価格が高騰し、ますます日本ではエネルギー効率の向上の重要性が高まっているからです。従って、3Rの徹底には、中間処理の中の産廃選別が重要になってきます。選別によって、後のリサイクルに繋がるからです。

産業廃棄物は土に還らないものも多くあり、そのまま野山に捨ててしまうと重大な環境破壊をもたらす原因となります。廃棄することだけではなく、環境にやさしく処分することを考えなければなりません。しっかりと処分をしてくれる会社に依頼しましょう。